oラインはお尻周辺のことですが、脱毛をしようと思っても痔がある場合にはどうしたらいいのか迷う方もいるのではないでしょうか。サロンやクリニックの機器で光やレーザーを当てることで毛根に熱を届けて毛を抜くことになるのですが、肌が荒れていたりする状態だとトラブルがおきやすいので基本的に施術を行えません。

痔ができている部分自体は粘膜の部分で元々照射がされない部分であっても、できていることで周辺の皮膚が炎症を起こしていたりする場合もあるため、結局は施術が断られてしまう事になります。痔ができているのに、カウンセリングの時にはその事に触れずに契約してしまうと、実際の施術の時にトラブルを起こしますので必ず話をしておきましょう。特にエステサロンの場合は医療機関でないので何かあったときの対応ができないために施術がしてもらえません。

oラインの範囲自体はそれほど広くないため、簡単にしてもらえそうなイメージがあるのですが、施術の時にトラブルが起こりそうな状態だと脱毛はしてもらえません。まずは治療をしてからでないとできませんので、ハイジニーナやvioラインでの施術の場合はviだけ行うような契約にするか、または完治してから施術に挑む事になります。

脱毛を検討している時に違和感を感じているようであれば、状態を確認してからカウンセリングで相談をする方が二度手間になりませんので、痔があるまたはその可能性があるなら治す事が最優先です。