世の中にはいろいろなお薬があり、ホルモン剤や抗生物質などを利用していると、脱毛はできないことになります。日常的に抗生物質やホルモン剤を服用することで、脱毛の時に問題を生じる可能性があるためです。

エステでは光を用いて施術をしており、医療機関では医療レーザーのお手入れをしてます。いずれにしても光やレーザーの照射をすることで、お薬を飲んでいることには変わりがないので、肌に問題を生じるリスクが高まります。肌の赤くなるやけどとか、肌荒れをすることも考えられますので、医薬品服用時には、必ず自己申告をするようにします。

そもそも最初のカウンセリングの時に、必ず質問をされるのが、服用をしているお薬はあるかどうかの話です。エステサロンでもクリニックでも、体調のことは必ず確認をしますが、これは照射にも関わるからです。

基本的にムダ毛のお手入れ有料サービスは、健康な人に向けて提供をされています。光もレーザーも安全性は高いとしても、健康状態がパーフェクトではないと、肌への影響が懸念されます。お薬はなにかの症状抑えるために飲むもの、その作用は医薬品としての使命を全うしています。

でも光やレーザーとの相性の良くないお薬を飲んでいる時には、やはり施術は控える必要が出てきます。健康状態を第一に考えること、ムダ毛は気になることではありますが、まずは自分が健康を取り戻す方が先決となります。

元気になったら脱毛を開始して、ツルツルを目指します。