脱毛をする部位に肌トラブルや病気があるときには断られると聞いているととても悩むのではないでしょうか。ハイジニーナやVIOラインの利用、そして口周りのヘルペスなどは誰でもかかりうる可能性がありますが、これぐらいなら施術もしてもらえそうだと思う事もあるかもしれません。ですが、やはりヘルペスにかかっている時もサロンやクリニックどちらを利用する場合でも脱毛はほぼしてもらえません。

そもそも感染力が高い病気ですから、万が一お客様同士で移ってしまったという事になると大変です。光やレーザーでも該当部位を外したとしても機器を介して感染が起こる可能性もありますし、施術した周辺部位に肌トラブルが発生したりする事もあるのでしてもらえないと思っていていいでしょう。

治療中だと薬を服用していますから、その際も施術が断られてしまう理由となります。隠していてもばれる事はないだろうと思っていても、万が一何かトラブルがあった時にお互いに対処するのが困難になる事が殆どですから、黙って契約をするのではなくカウンセリングの時に「ヘルペスにかかっているけれども施術はできるか」と質問をしておくとよいでしょう。安心して脱毛をするには、健康なボディである事も大切です。

体調を崩していたり病気にかかっている最中だと施術はできませんし、契約時には特に問題なくてもその後に何か体調に変化があれば、すぐに利用しているお店に相談するようにしましょう。